北朝鮮の重大発表2017年9月3日の内容は? 6回目核実験と水爆実験成功で戦争秒読み?

本日9月3日の午後12時50分、北朝鮮で人工的な揺れが観測されたと韓国の連合ニュースが発表しました!

場所は北朝鮮北東部、ハムギョン(咸鏡)北道のキルジュ(吉州)郡です。

揺れの原因は北朝鮮の核実験である可能性が高いです。

河野太郎外相は3日午後、外務省で記者団に「北朝鮮が核実験を行った、と政府として断定する」と明言しました。

北朝鮮の重大発表2017年9月3日午後3時30分の内容は?

北朝鮮は今年7月4日にも重大発表をしており、現在「北朝鮮 重大発表」と検索するとそのことも多く出てきます。

7月4日の重大発表は午後3時30分でした。

内容は「ICBM=大陸間弾道ミサイル発射成功」とのことでした。

本日9月3日の重大発表も午後3時30分でした。

本日の重大発表の内容は「6回目の核実験(水爆実験)に成功した」ということでした。

河野太郎外相は「北朝鮮が核実験を行った、と政府として断定する」と明言しましたが、北朝鮮の重大発表をもって、6回目の核実験が成功したことが確定しました。

今回の地震は6回目の核実験によるもので、その核実験は水爆の実験で、さらにそれが成功した、ということですね。

実験はICBMの弾頭部に搭載する水爆製造の威力の調整、内部構図の設計に対する正確さや信頼性を検討・確証するため行われたという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000051-yonh-kr

繰り返しになりますが、北朝鮮の核実験は6回目で、昨年9月に5回目が行われ、約1年ぶりということになります。

この核実験による日本の放射線量の影響ですが、環境省によると、日本海側の離島など全国の10カ所の放射線量に異常値はなかったとのことでした。

核実験を受け、午後1時50分から2分ごとに観測する緊急モードに切り替え、監視態勢を強化しました。

水爆はICBMに搭載可能のものだそうなので、いよいよ北朝鮮がICBMを日本に発射する可能性が高まっています。

他の記事でも書いてきましたが、9月9日は北朝鮮の建国記念日です。

その日に水爆搭載のICBMを日本に発射するという可能性があります。

ネットの反応

まとめ

明らかに核実験の影響だと思われる地震があった直後の重大発表なので、予想通りと言えば予想通りの内容でした。

しかし、核実験(水爆)が失敗ではなく成功だという発表なので、北朝鮮の攻撃準備が整っていることが伺えます。

次に北朝鮮が大きな行動をとるとしたら9月9日です。