秋田新幹線こまち3号が熊(クマ)と衝突事故で遅延!大きさや種類は?無事?画像や動画は?

16日午前11時15分頃、秋田県秋田市内を走行していた件の秋田新幹線こまち3号が熊と衝突して緊急停車しました。

JR東日本秋田支社によると、奥羽線・羽後境―大張野駅間の山間部で、クマが線路を横切るように現れたとのこと。

運転士は急ブレーキをかけたようですが、間に合わず衝突してしまったようです。

その後こまち3号は徐行運転で最寄りの和田駅に向かい、車両に以上がないことを確認した後、運転を再開しました。

乗客200人に怪我はありませんでした。

この衝突事故で、こまち3号は35分遅延して秋田駅に到着、他の1本にも40分の遅れが出ました。

https://twitter.com/Pgst_85/status/908900095591976961

こまち3号は緊急停止したが、運転士はクマに襲われる危険を考慮し、その場での車外確認を避けて最寄りの駅まで徐行した。車両に目立った損傷はない。この影響で上下2本が最大40分遅れ、約400人に影響が出た。

出典:http://www.asahi.com/articles/ASK9J45HPK9JULZU004.html

秋田新幹線こまち3号に衝突した熊(クマ)は無事?種類は?

各ニュースによると、ぶつかったクマはそのまま逃げ去ったようです。

急ブレーキが間に合わなかったとはいえだいぶ減速されていた状態での衝突だと思うので、瀕死の怪我などは負っていないのではないでしょうか。

それにしても新幹線との衝突に耐えるとはすごいタフさです。

跳ね飛ばされてうずくまったりせずそのまま逃げ去ったようですから、無事かと思います。

クマに怪我はなかったとの報道でしたが、目に見えない軽い骨折などはしているかもしれません。

ぶつかった熊の大きさや種類については情報がありませんでした。

日本には北海道に生息するヒグマと本州と四国に生息するツキノワグマの2種類がいます。

秋田ではクマ犠牲者が増えており、いつも被害を出しているのはツキノワグマなので、ぶつかったクマもツキノワグマかと思われます。

ツキノワグマは平均的な個体で、頭胴長(頭の先からお尻まで)は110~130センチ、体重はオスが80キロ程度、メスが50キロ程度です。個体差や季節の変動が大きく、小さい場合は約40キロ、最大で約130キロになります。

出典:https://www.wwf.or.jp/activities/2012/01/1038917.html

秋田新幹線こまち3号が熊(クマ)と衝突事故の画像や動画は?

新幹線にクマがぶつかった瞬間の車内の画像や動画がないかと探したのですが、ありませんでした。

新幹線のドライブレコーダーを公開すべきだという意見もありましたが、現在公開されていないようです。

ネットの反応

舟唄 | 5時間前
プーさん、リラックマ、くまモンと違い実際の熊は怖い。

板門店 | 3時間前
乗客に怪我なく良かったです

熊はどうなったのですか

sql***** | 3時間前
事故後、クマが生きていたら危ないから電車はそのまま徐行して走ったが、次の電車の運転手が確認をしたがクマはその場に居なかったとラジオで言っていた。

jaz***** | 2時間前
前もクマと電車がぶつかって、そのまま山の中に逃げてった動画があったけど、即ししないって凄い。ただ、苦しみながら衰弱していくんだと思うといたたまれない。

ken***** | 2時間前
熊さんは何も悪くない 自分ちの庭を歩いていただけ

mof***** | 5時間前
こまちは雪やクマの障害が大変そうだね
秋田はそれだけ自然が素晴らしい所なんだね

moc***** | 2時間前
そりゃー熊は線路だなんてわからないから
すごい大きくて早いのがぶつかってビックリしただろうね。
双方のために立ち入らないようにしないと。

piy***** | 2時間前
クマさん
痛かっただろうに。
大丈夫かな。

wac***** | 2時間前
秋田新幹線は在来線を使ってるからなあ。
東京から行くと、盛岡までは早いのにそこから秋田まではすごく時間がかかる。

tat***** | 2時間前
秋田新幹線は一部在来線の線路を走るのかな?
ならフェンスもないし、山間部ではいつでも起こり得ることだな。
クマさんも気を付けなはれや。

まとめ

秋田県はクマ被害が多いようなので、今回の新幹線がクマと衝突する事故も納得できません。

しかし、線路内にクマが立ち入れるというのは問題かもしれません。

普通なら頑丈なフェンスをしてあると思います。

線路と知らずに立ち入りぶつかって痛い思いをしたクマもかわいそうですし、乗客もびっくりしたり遅延で迷惑したりしたと思うので、JR東日本秋田支社は対策を考えたほうが良いかもしれません。