右利きの人は右向きの顔を描くのが苦手?利き手・利き目と描きやすい顔の向きと目の慣れの関係

私は20歳を過ぎてから、利き手を右から左に矯正する訓練をしました。

練習を続けた結果、アナログで字を書くこと以外はすべて左でできるようになりました。
ペンタブで絵や字を描くときも、左手で描いています。

それで気づいたのですが、
「右利きの人は右向きの顔を描くのが苦手」
といいますが、かといって
「右利きの人は左向きの顔を描くのが苦手」
というわけではないようです。

スポンサーリンク

なぜ右利きの人は左向きの顔を描きやすい?

右利きの人が左向きの顔を描きやすいという前提は、雑誌のイラストコーナーなどに、キャラの顔が左を向いた絵が多いことからもわかると思います。

まず、右手には左から右に線を引きやすいという特徴があります。
左向きの顔は輪郭、目、髪、など顔を構成するパーツのほとんどが左向きになっており、左から右に線を引くことが多くなるので、右利きの人には描きやすいようです。

輪郭が左を向いている時点で、の字になるので、左から右に線を引くことになります。
(髪型や釣り目垂れ目などによって多少の変動はあります)。

描いているものが自分の手で隠れることが少ない

左向きの顔は左から右に描いていくことが多いと思います。
その場合も、右利きの人は、描いているものが自分の手で隠れることが少ないですね。

スポンサーリンク

左利きは右向きの顔を描きやすい?

逆に左手は右から左に線を引きやすいですが、上にも書いたように、顔も右向きが描きやすいかというとそうではないようです。

文字は右手で書くことに特化している

まず文字という問題があります。

少なくともひらがなやカタカナ、とくに漢字は右手で書くことに特化した形をしています。
横書きだと、左から右に書いていき、横棒も、左から右に線を引く。
そして、少し右上がりに書くのが美しいとされます。

左利きにとっては書きやすい要素がほとんどないといえます。
それでも、左利きだからと言って鏡文字を書くわけにもいかず、同じ文字を書かなければいけません。

左手は構造的には、右から左に線を引きやすいはずです。
ですが、日常的に左手で文字を書いていくうちに、右手と同じく、左から右に向かう線のほうが書きやすくなるようです。

そうなると、当然顔の向きも右利きの人と同じく、左向きのほうが描きやすいということになってくるのではないでしょうか。
左利きの絵描きと話したことがありますが、その人は、左利きだけど右向きの顔を描くのは苦手と言っていました。

右手と左手のひきやすい線

右手は、左から右に線を引きやすいということ以外にも、左下から右上に向かっての斜線が描きやすく、左下がりで右上がりになった構図が描きやすく、絵が右上がりにゆがみやすいという特徴があります。

左利きは右下から左上に向かっての斜線が書きやすいことは間違いないようです。
これは、左利きで、左から右に線を引く事に慣れても変わりません。

左利きの人の絵でも、反転してみるとたまに右上がりに絵がゆがんでいることがあったりします。

 

模写による目の慣れ

そしてもう一つ、左利きでも左向きの絵が描きやすくなる原因として、目の慣れがあります。

人が絵を描き始めたばかりのとき、とりあえず何か既存の絵を模写するものです。
その際に、右利きが多い以上、そのときに選ぶ絵のキャラの顔は、左向きであることが多いということになります。

左利きの人でも、多くの右利きの人が描いた左向きの絵を模写し、左向きの顔の”絵面”に目が慣れ、手が慣れるうちに、右向きより左向きのほうが描きやすくなっていく、ということもあるようです。

スポンサーリンク

利き目について

上述のことは、単に絵面に目が慣れるということなので、利き目とはまた違うものだと思います。
利き目の左右の違いによって、描きやすい顔の向きが変わるかどうかは不明です。

 

どんな向きの顔も描けるようになろう

上述の理由から、左利きだからといって右向きの顔が描きやすいわけではないということがわかりました。
利き手の左右に関わらず、どんな向きの顔も安定して描けるように練習しておいて損はないのではないでしょうか。
それでも、ここぞというときに描きやすい顔の向きというのはどうしてもあると思いますが。

まとめ

世間は右利きが9割なので、必然的に左向きの顔が多くなるため、右向きの顔を得意になると、他の人の絵と並んだときに若干目立てるかもしれません。
それよりも、総合的な画力を上げるほうが有意義だとは思います。

スポンサーリンク
関連記事