プロマリン(PRO MARINE) PG トレンドキャスター 30-390のレビュー(評価)、感想、口コミ、使用感

投げ釣りに挑戦しようと思い、この投げ竿を買いました。
私は今のところ、サビキ、投げサビキ、太刀魚、根魚釣りくらいしかしたことがないので、投げ釣りに興味がありました。

この投げ竿の値段は3400円とかなり安いです。

この記事では、プロマリン(PRO MARINE) PG トレンドキャスター 30-390のレビュー(評価)、感想、口コミ、使用感と題して、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

わくわくサビキ釣りセットDXよりはまともそう

長さが450のものは1900円とさらに安いですが、発送まで1ヶ月かかるらしくやめておきました。
調べたところ、投げ竿は400前後が一般的で、450は投げづらいらしいです。

投げ竿で安いとなると、破損や故障による事故が怖いが、同じプロマリンというメーカーのわくわくサビキ釣りセットDXという25-300の投げ竿と比べると、だいぶまともそうに見えます。

リールシートもボルト式(?)じゃないので使いやすいです。

力糸を結んで25号の錘を投げてみる

この投げ竿で近々、25号の錘を投げて練習してみるつもりです。
一応100m前後投げたいので、ナイロン3号のラインに、力糸3-12号を結びました。

キス釣りの天秤や仕掛けは買っていないので、買うまでは、25号のサビキカゴにサビキ仕掛け(太ハリス)をつけて、ウキなしで遠くまで飛ばしてみようと思います。
針の一つ一つになにかエサをつければなんとかなったりしないでしょうか。

スポンサーリンク

ガイドが粗悪

この竿のガイドは見た感じわくわくサビキセットとかなり似ています。
そうなると、わくわくサビキセットと同じようにすぐ錆びるんじゃないかと思ったら、レビューにも、ガイドがすぐに錆びたと書かれてありました。
ガイドが錆びたくらいで使い物にならなくなるわけではないと思うので、とりあえず気にしないでおこうと思います。

わくわくサビキセットも、あれだけ粗悪ですが、とりあえず釣ることはできるので使い続けています。
先端から2個目のガイドがしっかりと固定されなくなり、投げると回転するという致命的な故障をしたので、アロンアルファで固定して使っている。

追記

この竿も、わくわくサビキセットと同じく、先端から2~3個目のガイドの固定が甘く、回転するようになってしまいました。
投げ釣りで遠くに飛ばすのに致命的です。
試しに25号の錘を飛ばしてみたのですが、だいぶストレスになります。

投げ釣りは、ガイドがしっかりした投げ竿を使わないと非常に危険ですので、この竿はおすすめできません。

まとめ

天秤と仕掛けを買ったら、キス、カレイ、コチなどを五目釣りしたいですが、私の行く釣り場はそもそも投げ釣りはあまり釣れないようです。
ほかの釣り場に行く足もないので、そうなるとこの竿は用無しになってしまいます。

この竿は硬すぎて、投げサビキやカゴ釣りの遠投をするのは無理そうです。

上に追記しましたように、この竿はガイドが非常に粗悪で、重い錘を投げる際に非常に危険なので、買わないことをおすすめします。


プロマリン PROMARINE PG トレンドキャスター 30-390 1273

スポンサーリンク
関連記事