Epiphone EJ-45のレビュー(評価)、感想、口コミ、使用感

EpiphoneのEJ-45というアコースティックギターを買いました。
18,000円でした。

出来ればEpiphone DOVE PROのナチュラルが欲しかったのですが、ナチュラルは生産中止になり、今はバイオリンバーストしか手に入りません。
なのでHummingbirdとDOVEの次に好きな、Gibson J-45のコピーモデルである、このEpiphone EJ-45を買いました。

この記事ではEpiphone EJ-45のレビュー(評価)、感想、口コミ、使用感と題して、詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

良いギターです

作りは丁寧で、気になる箇所はなかったです。
ペグが思ったより小さく、エレキのクルーソン式に似ています。

音は、値段相応かそれ以上と言う感じです。
強く弾いた時に、思った以上にジャキジャキな音がして、大満足でした。

今まで、SepiaCrueやPLAYTECH D-4などの激安アコギを使ってたこともありますが、1万円高いというだけでぜんぜん違いました。

他に所持しているアコギはつねに一音下げチューニングで使っていますが、このEJ-45はレギュラーチューニングにしています。
やはり一音下げだと弦のテンションが下がって切れが悪くなります。

エレキギターで言うところのシングルコイルのような音

エレキギターのピックアップにはシングルコイルとハムバッカーがあります。
前者は簡単に言うと細い糸、軽い音で、後者は太い音、重い音です。

実はアコギにもそういった傾向があり、このEpiphone EJ-45はシングルコイルです。
音が細いので、弾き語りをする際に、声量があまりない人にも合います。

Hummingbirdはスクウェアショルダーだからか、ハムバッカーのように太い音がしました。

スポンサーリンク

DOVEについて

自分は、DOVEはナチュラルというイメージなので、どうしてもDOVEのナチュラルが欲しいのですが、今は中古じゃないと手に入らなくて残念です。
コピーモデルと言えど、本家と同じでボディ材などがメイプルなので、硬い音がするそうです。

まとめ

EJ-45は値段の割に作りもしっかりしていて、本家のJ-45と音の傾向は同じなので、おすすめです。
廉価版とは言え、HummingbirdやDOVEとは音の傾向が全く違うので、試奏してから買いましょう。


EPIPHONE ( エピフォン ) 1963 EJ-45(VS)【 by ギブソン アコースティックギター 】【ワタナベ価格! 】

スポンサーリンク
関連記事