ケノンで髭の永久脱毛 3週間目 冷却無し照射、効かない毛、ガムテープ

前の記事
ケノンで髭の永久脱毛 1週間目 毎日照射、口髭に効果あり、冷却なし照射、毛の生えるスピードが遅くなる

ケノンを髭に照射し始めて3週間目になります。
前回(1週間目)と同じく、手の指毛、腕毛などの細い毛は、もうほとんど生えてこないので、やる必要がないくらいです。
やるとしても月1か2ヶ月に1度でいいくらいです。

スポンサーリンク

冷却なしで毎日照射

問題はやはり髭です。
今まで通り毎日照射していて、多いときは1日に2度やっています。

冷却は、しないほうが効くらしいので、できるだけせずにやっています。。
確かに直後は赤くなりますが、できものができたりはしないんで大丈夫そうです。

口髭にはかなり効いた

そのおかげか、口髭に関しては指で数えられるほどに太い毛が減りました。
それに比例して、もう冷却無しでレベル10ワンショット照射しても痛みがあまりないです。

スポンサーリンク

顎鬚には効きづらい

しかし顎鬚には効きづらいです。
明らかに薄くなってはいて、剃る時もヒリヒリ感がだいぶなくなりましたが、やはりまだまだ残っています。

顎に関してはまだ冷却無しでは痛いですがが、一部分は冷却無しでもいけるくらいに薄くなっています。

首髭は薄いので冷却無しで照射しても痛くありません。

髭の部位ごとの効きやすさ

効きやすさで言うと自分は、頬>口髭>首髭>顎鬚です。
頬には黒い産毛のようなのが僅かに生えていましたが、すぐになくなったので、最も効きやすいのは頬だと思います。

問題は、最後の最後まで効果がなさそうな毛です。
どこかで見ましたが、髭に限らず、ケノンが効かない毛には、どれだけやってもとことんまで効かないことがあるらしいです。

ピンセットで抜く

口髭もまだ完全にはなくなってないですし、あまりにも効かない毛があるようなら、付属の眉毛抜きで抜いていこうかと思います。
高周波が流れて、次回から毛が薄くなるそうです。

抜くときは、ソイエの時と違って、必ず生えている方向に向かって抜くようにします。
鼻の下に埋没毛ができたら大変です。

髭という毛は異質

いつも思うのですが、髭というのは、太さといい伸びる早さといい、他の毛と比べて異質です。
他の毛は、髪の毛を除いて、こんなに早く伸びてきません。

やはり髭には絶対毎日照射すべきだと思います。

最近は、外に出ない日を見計らって髭を3mmくらいに伸ばし、その時に、特に多く照射するようにしています。
その方が効いてる感じがありました。

そしてその後、ガムテープを軽くつけ、するっと抜ける毛を一気に抜いていっています。
そうすることで早く密度を減らせるはずです。

まとめ

冷却無しでいけるくらいまで薄くなれば、思いっきり照射面を皮膚につけたりして、あとは力押しでやるつもりです。
できるだけ早く髭をなくしたいです。

公式のやり方ではないので、ご注意ください。

レビュー書いたのでスキンケアカートリッジ届きましたが、効果がよくわからないのでしまいこんでいます。。
スキンケアカートリッジよりスリムカートリッジのが欲しかったです。

次の記事
ケノンで髭の永久脱毛 1ヶ月目 ピンセットで抜きながら

スポンサーリンク
関連記事