ケノンで髭の永久脱毛 1ヶ月目 ピンセットで抜きながら

前の記事
ケノンで髭の永久脱毛 3週間目 冷却無し照射、効かない毛、ガムテープ

相変わらず髭には毎日照射しています。

前にも書いたように、少し伸ばして冷却なしでやるのが一番効くと思い、その方法でやっています。
やっているうちに髭の密度がだいぶ減ったので、口髭に続いて、顎鬚もすべてピンセットで抜きました。

スポンサーリンク

痛みは少ない 赤みもなし

ソイエは使わず、ピンセットで、毛の生えている方向に向かってちゃんと抜いたので、埋没毛などはトラブルは避けられると思います。
そしてやはり、ケノンが効いてるのか、そこまで痛みはありませんでした。

抜いてみると、毛根の深さに驚きました。
ここまで深いと、このままずっとケノンを打っても効果はかなり緩やかだろうなと思いました。

30分くらいかけて全部抜いたあと、オロナインを塗って寝て起きたら、顎鬚がなくなってすごくきれいになっていました。
ソイエで無理やり抜いた時と違い、赤みもありません。

ただ、よく見ると毛穴っぽいのが見えます。
それは仕方ないとは思います。

それから一週間経ち、その間も冷却なしで照射していましたが、ちらほらと細めの髭が生えてきました。
この髭は剃ってもいいし抜いてもいいと思います。
抜くなら、ケノンをやってからがいいとも居ます。

まとめ

完全に何も生えてこない状態にするのはかなり難しいと思いますが、朝起きて髭を剃る必要もないので楽です。
と、思っていたのですが、ソイエのときと同じく、生え方がおかしく、剃っても黒いポツポツが若干残るようになりました。

ピンセットでつまめるかつまめないかくらいの長さで、抜くに抜けなかったりして困るので、ピンセットで丁寧に、とは言っても、やっぱり抜くのはまずいようです。
抜くなら、本当に変なところに生えている数本にしておくほうが無難です。

これから抜かず、剃ることを繰り返していたら、また毛の生え方は元に戻ると思うので、もう抜かず、気長にケノンをやっていこうと思います。

次の記事
ケノンで髭の永久脱毛 2ヶ月目 3ヶ月目 7ヶ月目 効果なし?色素沈着?

スポンサーリンク
関連記事