ケノンで髭の永久脱毛 2ヶ月目 3ヶ月目 7ヶ月目 効果なし?色素沈着?

前の記事
ケノンで髭の永久脱毛 1ヶ月目 ピンセットで抜きながら

ケノンを使い始めて約2ヶ月が経ちます。
この2ヶ月の間、髭には毎日照射してきました。

1ヶ月目くらいになると、鼻の下をはじめとして、薄くなっているのが明らかに分かりました。
それに比例して、冷却なしで照射できるようになってきて喜んでいました。

しかし最近、3日に1度の照射に変えたせいか、濃さがまた元に戻ってきています。

スポンサーリンク

2ヶ月目

部位によって効き目が違う 髭の毛の強さは別格

もちろん、なにもしていないときより4割くらい薄い気がします。
首らへんなど、場所によってはかなり効いている部分もあります。
ですが、あごなど、効きづらい部分はそこまで変化が見られないという感じです。

やはり髭という毛は、毛の太さ、毛根の大きさ、毛根までの深さ、生える密度、生えるスピード、どれをとっても、他の毛とくらべて強すぎるという感じがあります。
あまりにも別格の毛なので、ケノンですら効かないというのは当然に思えます。

毎日照射して、さらに毎日剃っていては時間がもったいないので、これからは3日に1度にする予定です。
おそらく薄さは現状維持になる気がします。

髭には病院での永久脱毛が確実

ケノンで髭脱毛を試しているほかのブログを見てみても、見違えるほど効いているという例は見たことがありません。

私みたいに、そこまで髭が濃くなく、密度、生える範囲ともに大したことない人間でもこの状態です。
剛毛な人なんかは痛いだけで納得いく効果は得られないと思います。

思い切って病院で永久脱毛をして、その後生えてくる黒い産毛程度の毛には、ケノンは効果を発揮してくれるような気がします。

髭以外の毛はケノンで事足りる

何度も書きますが、私は、髭以外の毛にはすべて効きました。
指毛や腕毛などもほぼ生えてきません。
それらの毛に関しては、病院で脱毛するのは逆にもったいなく、ケノンですべて賄うほうが、経済的、時間的にもお得だと思います。

髭意外の毛には本当に明らかな効果があるので、ケノンは買って正解だったと思っています。

3ヶ月目

かれこれケノンを3ヶ月近く使っています。
髭にも3日に1回くらいは照射していますが、効果が感じられないので、髭への照射はやめようと思います。

口髭と首髭にはそこそこ効果があり、半分くらいは減らすことができました。
だが顎鬚にはあまりにも効果がなさ過ぎます

3mmほど伸ばして、冷却なしで1箇所10回くらいレベル10ワンショットで照射しても、目に見えた効果がありません。
結局伸びるスピードも変わらず、毎朝剃らないといけないので、痛みと労力の無駄に感じました。

色素沈着について

口髭と首髭への照射はすぐに終わるし、顎鬚と比べて冷却なしでも痛みが少ないので続けようと思っていました。
しかし、私だけかもしれないですが、色素沈着の問題が出てきました。
例えば、剃刀負けによる傷がある状態でケノンを照射すると、その部分が色素沈着することがあるようです。

シミほど目立つものではないですが、ないほうがいいので、口髭と首髭への照射もやめようかと思っています。
手や腕などのもろもろの無駄毛は月1か、2ヶ月に1回の照射で、つるつるの状態を維持できるので、お得です。

スポンサーリンク

7ヶ月目

ケノン7ヶ月目です。
髭への照射はやめる、と書きましたが、風呂上りに数回、冷却なしで照射するのを再開しました。

目に見えた効果がない、と書きましたが、私の場合、口髭には効果大で5割以上薄くなります。
顎鬚も、明らかに薄くなって剃りやすくなり、剃刀負けもしなくなっています。

これまで照射をやめていましたが、照射を再開すると効果がよくわかりました。
逆に言うと、照射を止めるともとに戻るので、永久脱毛の効果はないと言えます。

指毛やら腕毛やらは相変わらず2ヶ月に1回くらいの照射でほとんど生えてこないので、特に気にすることもなく気がついたら照射している感じです。

まとめ

7ヶ月間、ケノンを髭に照射してみてわかったのは、薄くなるものの、永久脱毛の効果はないということです。
髭以外の弱いムダ毛には効果はあるのでおすすめです。
ですが髭だけは別格の強さで、ケノンでは脱毛しきれないので、それ目的で買うのはおすすめしません。

気が向いたら予算10万くらいで永久脱毛にいきます。
永久脱毛後半年間一切髭剃りをしていない状態の画像を見たが、黒く細い気がけっこう生えていました。

あの程度の毛ならケノンも効果を発揮すると思うので、その時にまた役に立ちそうです。

次の記事
ケノンで髭の永久脱毛やめた 使わなくなったので買取してもらった いらないと思った理由など

スポンサーリンク
関連記事