ケノンで髭の永久脱毛やめた 使わなくなったので買取してもらった いらないと思った理由など

前の記事
ケノンで髭の永久脱毛 2ヶ月目 3ヶ月目 7ヶ月目 効果なし?色素沈着?

家庭用フラッシュ脱毛器ケノンを購入し、1年ほど使いましたが、もう必要ないと感じたので売却しました。

前の記事にも書いたように、ケノンでは髭の脱毛はとても不可能です。
湘南美容外科に行って、アレキサンドライトレーザーを照射してもらってやっと髭の永久脱毛が出来ました。

スポンサーリンク

ケノンでは永久脱毛は不可能

ケノンはどこの部位の毛であっても基本的に永久脱毛の効果はないように思う。

私は腕毛、指毛をよくケノンで脱毛していましたが、2ヶ月くらいでだいぶ生えてきます。
そうなったらケノンを引っ張り出して20分くらいかけて照射する必要があるわけだが、私はそれがめんどくさく感じてきました。
追記:それを6回(1年)も繰り返せば、かなり薄くはなるようです。

使わなくなったので、売却してお金にしてしまったほうがいいと考え、売りました。
やはり髭にしろ腕毛にしろ指毛にしろ、永久脱毛をしたいならケノンではなく、湘南美容外科などにいって、アレキサンドライトレーザーなどの強力なレーザーを照射してもらったほうがいいと思います。

10回くらい通って8~10万くらいなので、ケノンよりは高いです。
痛みもかなり強いですがほんとに「永久」脱毛なので良いと思います。
(もしかしたら10年くらい経つと生えてくるかもしれません。
この場合はそれも「永久」脱毛に含めます。)

ケノンは永久脱毛ではなく「2ヶ月~半年脱毛」くらいの感じです。

ケノンは公式を見ると宣伝文句として
「病院に通うめんどくささなし!」
と謳っています。
ですがやはり、病院にある、冷蔵庫みたいに巨大なアレキサンドライトレーザーの威力は確かなものです。

剃るか除毛したほうがいい

時間をかけてケノンを照射するより、風呂に入ったときなどに剃刀などで剃った方がいいと思いました。

毛は剃ると濃くなります。
それが嫌な場合は薬局で500円で除毛フォームを買って、10分ほど放置すれば綺麗に除毛できます。
個人的には剃るよりも除毛したほうが、剃刀の届かない(?)レベルの毛まで取り除けるのでおすすめです。
ただし除毛フォームはタンパク質を溶かすものなので、皮膚に負担はかかります。

どちらにしても、ケノンよりはるかに安く手軽に済みます。

スポンサーリンク

まとめ

以上の理由で、私はケノンを約2年使った後、手放しました。

これからは、指毛や腕毛や腹毛は、お風呂に入ったついでに剃刀や除毛フォームでなんとかします。
指毛がどうしても気になったら、湘南美容外科の8万くらいの、手の脱毛10回コースみたいなのに行く予定です。

繰り返しになりますが、ケノンは永久脱毛の効果はないものの2ヶ月間くらいはきれいに脱毛できます。
色々と役に立ったことは間違いありません。
私はケノンを1年続けたおかげか、今も腕毛はかなり薄いです。

私は2ヶ月に1回さえもケノンで照射するのがめんどくさくなったので売却しました。
ケノンの購入は、用途とやる気に合わせて、よく検討しましょう。

スポンサーリンク
関連記事